安達壮汰が投打で存在感!コールドで相洋を下して4強入り



先発して好投を見せた安達壮汰(桐光学園)

【熱戦の模様をギャラリーでチェック!】

 桐光学園の先発マウンドに立ったのは、背番号1を背負う安達 壮汰谷村 然冨田 冬馬と、1年時から桐光学園を牽引してきた二人の投手を差し置いて、この春から背番号1を背負っている左腕だ。
 バットを押し込めるだけの真っすぐの強さもあり、変化球も一通り投げれる器用さも持つ。また、それでいて試合をまとめられる制球も持っており、高い総合力を武器にこれまでも安定した投球を見せてきた。

 安達は、この試合でもその能力を遺憾なく発揮する。立ち上がりに特に苦労する様子も見せず、淡々とアウトカウントを重ねていく。直球を軸にして変化球で打ち取っていく、オーソドックスな組み立てではあるが一球一球の質が高いために、相洋の打者を寄せ付けない。背番号1を背負っている理由が頷ける投球を見せる。

 そして、4番に座る打撃力も見どころである安達は、バットでも魅せる。
 1回裏、二死二塁の場面で打席を迎えた安達は、変化球をきっちりセンター前に運んで自らのバットで先制点を挙げる。さらに3回、今度は無死満塁の場面で打席が回ると、アウトコースのストレートを逆らうことなくレフトに弾き返し、ランナー二人が生還する。
 安達の投打にわたる活躍で、桐光学園が試合の主導権を掴むことに成功した。

 これで勢いに乗った桐光学園は、ここから一気に相洋を追い詰めていく。
 その後、7番・鵜沢悠生が押し出し四球をもぎ取りさらに1点を追加すると、続く8番・楠本 龍聖はレフト線への走者一掃タイムリーツーベースを放ってこの回6点目。その後さらに1点を追加して、3回だけで7得点を挙げた桐光学園は、8対0と点差を一気に突き放して、試合を決定づけたに等しい状況を作った。



コールド勝ちを収めて喜ぶ桐光学園の選手たち

 大量の援護をもらった安達は、その後も安定した投球で危なげない試合運びを見せる。
 ランナーを出すことはあっても、牽制やクイック、間合いを巧みに変えるなどマウンドさばきの上手さも見せつけて、「投げるだけ、打つだけ」の選手ではないことをアピール。相洋打線に隙を見せない投球を続けた。

 試合の流れを完全に我がものとした桐光学園は、5回裏にパスボールで9点目を挙げると、最後は代打・仲亀利哉がレフトスタンドに飛び込むツーランホームランを放ち、これで5回コールドが成立。試合は11対0で、桐光学園がベスト4進出を決めた。

 春季神奈川大会は、これでベスト4が出揃った。奇しくも昨年の春季大会のベスト4と同じ顔ぶれとなり、桐光学園は準決勝で対戦するのは昨年の覇者・横浜と対戦することが決まった。昨年は決勝で敗れているだけに、まずは昨年のリベンジを果たしたいところだ。
 投手陣は安達 壮汰谷村 然冨田 冬馬と、計算ができる投手が三人揃っており、打線も組織的な野球ができる曲者が揃っている。そんな桐光学園が、選抜出場校を相手にどんな野球を見せるか注目だ。

(文=栗崎 祐太朗)

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。