目次

[1]走攻守の三拍子が揃ったプレースタイルが持ち味
[2]金足農のツーランスクイズに驚愕「こういう野球をしたい」


 今年3月に行われたリトルシニア全国選抜野球大会で、9年ぶり2度目の優勝を決め、2度目の夏春連覇の快挙を達成した世田谷西リトルシニア。そんな世田谷西リトルシニアの、不動のリードオフマンを務めたのが内囿光人選手だ。大会では攻守にわたって大活躍を見せ、最優秀選手賞も獲得。三拍子揃った内野手としてチームを引っ張り、その進路にも注目が集まっている。
 今回は、そんな内囿選手に独占インタビューを行い、全国制覇を達成した感想や高校野球に向けての意気込みを伺った。

走攻守の三拍子が揃ったプレースタイルが持ち味


―― 今日はよろしくお願いします。ではまず、春に日本リトルシニア全国選抜大会で優勝して全国制覇を達成した率直な感想を聞かせてください。

内囿光人選手(以下、内囿) 連戦だったのですが、秋に比べて投手陣がしっかりと繋いでくれました。投手陣が頑張ってくれたおかげで、打者も得点に繋げることが出来たと思います。

―― 最優秀選手賞を獲得しましたが、感想はどうですか?

内囿 正直、全然打てなかったので悔しい気持ちありますが、嬉しい気持ちもあります。

―― 内囿選手の持ち味も教えてください。

内囿 バッティングも走塁も守備も、走攻守の三拍子が揃ったところだと思います。

―― 普段は練習の他に自分でやっているトレーニングなどはありますか?

内囿 自宅にトレーニングの器具があるので、週3回くらいは上半身や下半身を鍛えています。あと毎日ではないですが素振りもやっていて、素手で壁当てなどもやっています。

PHOTO GALLERY フォトギャラリー

写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。